スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます。

2010.01.30.Sat.09:46
久しぶりの更新となってしまいました。
更新していない間もペタしていただいてほんとにありがとう?!!

実は先週の火曜日に祖母が他界しました。
大正6年1月18日生まれのおばあちゃん。
93歳を迎えた次の日に天国へと旅立っていきました。

最期は自宅で、息子たち(父の兄弟)に見守られながら
静かに息を引き取りました。

男4人の母のおばあちゃん。
今は亡きおじいちゃんとともに戦争もその後の大変な時代も乗り越えて
父や兄弟を育ててくれたからいまのわたしや優しいいとこたちの命がある。

ほんとにほんとに、「ありがとう」と「お疲れ様でした」
の気持ちでいっぱいです。

お通夜、告別式の日もおばあちゃんの姉妹や息子、孫、ひ孫たち
親戚みんなでおばあちゃんの思い出話をたくさんしました。

たばこが大好きだったおばあちゃん(笑)
わたしも子どもの頃、おばあちゃんちに行ったら
いとこたちと近くのたばこ屋さんによく買いに行かされました。
おいしそうに吸う姿やほっこりとした笑顔が、大好きだったなぁ?☆

AB型、左利きのおばあちゃんはとっても器用で
しかもなんか感性が人と違う気が、こども心にしてて
わたしがいまでも左利きに憧れるのは
おばあちゃんの影響なのかも知れません(笑)
よくいろんな物を作って、わたしにくれました。

一緒に暮らしていたいとこたちは、外孫のわたしたちよりもたくさん
いろんな思い出があって秘話なんかも飛び出して
みんなの笑いを誘っていました?。

末っ子の父もとくにおかあちゃん子だったから
甘えん坊時代のはなしもいっぱいで。

こんなふうににぎやかに、たくさんの人に見送られて
おばあちゃんは安心して天国に行けると思います。
ずっとずっと、わたしたちみんなの心と
体の一部(遺伝子っていうのかな)として生きているからね!
天国に無事辿り着けたら、そこからおじいちゃんと一緒に見ててね。


そして、おばあちゃんが亡くなって今、強く思うことがあります。
わたしも「命を繋いでいきたい」ってすごく思います。
命が生まれることは、当たり前のことではなくて
ほんとに奇跡の連続なんだと思う。
いま自分がこうやって幸せに生きているっていうことだけでも
充分奇跡が起こってると感謝しています。
もしかしたら、この次の奇跡は起こらないのかもしれない。
それでも本当に構わない。ここにあるものを大事にして生きます。
だけどもし起こるなら、わたしたちにも授かりたい。

「このパパとママの子供として生まれたい」って
・・・ちょっとスピリチュアル的な考え方とは思うけど、
子供にそう思ってもらえるように毎日生きたいと思うし
食べるものや健康面も気をつけて準備しようと思います。
まずは心と体の健康ですよね。
ストイックになりすぎても、赤ちゃんから見てこわい・・・と思うと思うし
(それを“愛”と受け取るのかもしれないですが・・・
突き詰めるとわからないですね)
毎日健やかに楽しくいられるバランスでいこうと思います☆



長文、読んでいただいてありがとうございます。

またこれから、スロ?なペースですが
更新を再開していきますのでよろしくです♪




関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。