スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマルフィ。

2009.07.21.Tue.01:11
海の日は映画を観に行ってきました。

ニコラスケイジの「KNOWING」か話題の「アマルフィ」か。

だんなっちがニコラスの大ファンなので今回は「KNOWING」にして

次回に「アマルフィ」にしよっか、はたまた今回2本立てか・・・、迷って(笑)
だんなっちが「アマルフィ」に譲ってくれましたニコちん


Chercy*blume

あまりに大々的なこの作品の宣伝とか、あんまりピンとこないのだけど・・・。

「振り返れば奴がいる」(懐!)のときからの織田裕二さんのファンなので

絶対観る気でいた映画です☆

観終わった感想・・・。長くなりそうなので興味のない方はスルーしてくださいね.。



Chercy*blume


一言で言うと、とても面白かったハートです。

どんどんストーリーに引き込まれてしまう展開。

映画始まるまでバーゲンで歩き回って疲れただんなさんが

着席したとたん「オレ、寝るかも」??

でもしっかり最後まで起きてみていました。

  

ストーリーとしては私的に、「なんでやね?ん」と思った部分があったのですが

そこはサスペンスならではの展開なのかなと。

黒田(織田裕二)が紗江子(天美祐希)を守っていく上で

最初かみ合わなかったふたりの間に信頼関係や

ほんの少し、気を許せる関係が生まれたのかなと思っていたので

ちょっと残念なシーンもありましたがこれはラブストーリーじゃないですし

ラストにつながる大事なポイントでもあるので理解できました。

紗江子の娘を想う母としての気持ちもすごく伝わってきたし

気が強くて、だからこそこぼれてくる弱さみたいなものに

うるっときました。

天美祐希さんにふさわしい役だったんじゃないかなって。えらそうに(笑)

だってあのたたずまいがね、イタリアの風景に負けてないんですよね。

織田裕二さんや佐藤浩市さんはともかくとしても。

女優さんであの存在感、たたずまいを持ってる人って

なかなかいないのかなって。

やっぱりさすが宝塚出身の女優さんだなぁって思いました。


Chercy*blume


この作品自体、全体的に美しい景色に負けてないなって思いました。

オールイタリアロケっていうことで、どんなきれいな風景が

見られるんだろうって期待もすごくしていました。

たしかにきれいで、サラ・ブライトマンの歌声とともに流れていく

アマルフィの景色なんて美しすぎて、わたし泣きました。

でも。ストーリーに引き込まれるのは景色がきれいだからだけではなくて。

この作品に力があっておもしろいからだと思う。

黒田っていう男、紗江子っていう女性、藤井っていう男・・・

それぞれに魅力があって謎を解きたくて。

だからどんどん見入ってしまう。

本当にすごくおもしろかった。もう一度観たい映画です。


Chercy*blume


香苗演じる戸田恵梨香さんも大好きだなぁ。。。

こういう気が強そうで芯がしっかりしてそうな女性、好きです。 
レズじゃないよん☆

Chercy*blume

そして最後に大好きな織田裕二さん☆

いつもみたいな織田さんじゃなかったですよね。

野心的でギラギラしてる系じゃなく、しっとりしたオトナなかんじで。

終始伏し目がちな目線もセクシーで色っぽい。

「少々はみだそうが誰が何といおうとも正しいことをする」姿勢は

「踊る?」と一緒だけど、はるかに大人でしとやかです。

「静」なかんじの今まで見たことない新しい織田裕二さんハート

かっこいいなぁ?わたしも黒田に守ってもらいたいワ。

というかわたしは織田さんが演じた黒田康作に魅かれているようです。

(黒田康作を演じた織田さんもね心

アマルフィの原作を読んでみたいとおもうくらいに(笑)。


Chercy*blume

イタリアに行ってみたくなりました。
世界にはこんな景色があるんだなぁ?って。

狭いとこで毎日いっぱいいっぱいになって暮らしていると
いま見ているものがすべてみたいになっちゃうけど

そうじゃないんだよね。いろんな景色をこの目で見てみたいな。


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。