スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親不知抜きました~(>_<)

2015.03.05.Thu.15:32
こんにちは~。

月曜日に右下の親不知抜きました。
先月のはじめは左下の親不知も抜きました。

左は昨年やっと全部生えたのですが、捻れて?(向きが少し回転して)生えて、
歯の突起部が時々上の奥歯に引っかかるのが気になっていました。

1月末から歯の相談で歯医者さんに通い初めて、
たぶんこれから矯正とかになりそうな気配なんですが、
本題に入る前の歯のチェックの段階で先生から
「噛み合わせも合ってないし下の親不知は両方とも抜く方向でいきましょう」と言われました。

「抜く方向で」って、そんなすぐに抜くなんて夢にも思わなかったんですが、
次の診察でいきなり衛生士さんに「じゃあ今日は左の親不知を抜きますね」と言われてびっくり!
「えっ!!大丈夫なんですか!」びっくりしすぎてこんな返答しかできませんでした(笑)
そりゃあ向こうは口腔外科も兼ねてるとこなんだから大丈夫だわさ(-ิ_-ิ ).....。

「人によっては、抜いた後痛んだり腫れたりしますけど、
それは抜いてみないとわからないことですからね~」
笑顔でおもっきし他人事発言してくる衛生士さん。

そんなこと言われても不安でしかないし…と思いながら
言われるがまま抜いてもらいました。

ちなみに、隣の台の患者さんもその日いきなり抜きますって言われたらしく、
「えっ!今日はいいです、やめときます、いいです」って必死に言うてはりました。
わかります、わかりますー(。-_-。)怖いよねー!物事には心の準備ってものが必要よね!!

でもまぁ、逆に「じゃあ次回抜きます」って言われていたら、
そのときから次の診察までの数週間ブルーでしかないかもね、
もしかしたら怖すぎてブッチしちゃうかも、と今は思います(笑)

で、麻酔。最初、綿に染み込ませた麻酔で感覚を鈍らせて
歯周辺の歯茎内側外側数カ所にチクっと刺して機械で注入しているようでした。

でもなんか、最後のほうは綿で麻酔してない部分にもそのまま刺してたような…。
まぁ、チクっとして何かが注入されてるなって感覚だけなんだけども。

麻酔が効くまでの間、台の上でヒルナンデス見て待って、
その後歯のお掃除をしてもらう。麻酔しててもかなり響きます(´Д`*)人

そしていよいよ抜歯の時。再び先生登場。
「はい、口開けて。ちょっと左向いてください。」
ペンチみたいなん持ってるらしい先生。(目は開けてないので口の中の感覚で想像)
「ちょっと圧かかります」
ちょ、ちょっとどころじゃないよーー(。-_-。)

かなりの圧がかかって歯を抜こうとしてるのがわかるし、麻酔してても痛いような。。
たぶん相当顔をしかめてたと思います。
「痛みますか?」
コクコクうなずく(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン 今思うと半分は恐怖だったと思うんだけど(笑)
今度は少し角度を変えてまた圧がかかる。
ひえーまじで勘弁してほしいーーー!!
って恐怖で心臓バクバクさせてたらいつの間にか抜けてました。

バクバクしつつ、妙に冷静な自分もいて、これは自分にとって出産のときと
どっちが一大事か?とか考えてたらいつの間にか抜けてたっていうね(笑)

ガーゼをグイグイ詰められてしばらく噛むように言われる。そして出た答え。やっぱ出産だな。
あの痛み(もう半分くらい忘れているんだが)と、陣痛中のこれからどうなっちゃうんだろう?の
不安、恐怖に勝るものはそうそうなかろう。
でもでも、抜歯も相当怖かったです!!

んで、その後はなかなか出血が止まらなかったものの、
もらってた痛み止めのお薬は飲まなくても大丈夫なくらい、
夜にはすっかり普通になっていました。

抜いたところもわりとすぐに歯肉で埋まったように思います。
ごはんもおやつも珈琲も難なく口にできました。


それから1カ月弱。それが月曜日で、今度は右下の親不知です。
右は、歯茎にすっぽり覆われていたので歯茎を切り開いての抜歯。

それも、左を抜いた後先生から「次は右を抜きますね」と予告があったんですが
「歯茎切るんですよね?」と聞くと「場合によっては」と言われる。
場合によってはって、明らかに歯茎にすっぽり覆われてるのに?
やっぱりあんまりビビらせないようにってことなんかしら?

そして案の定、「歯茎ちょっと切ってから抜歯しますね」と当日台の上での突然告知される(笑)
その手にはもうビビりません。予想してたからまーいいんだけど。

左のときと麻酔とかほとんど同じでしたが、
今回の方が麻酔を刺す箇所が多かったような気がしました。

今何してます、とか説明はないけどカチャ、とか
バットから器具を取ったり置いたりしてる音が聞こえるたびに、
今切ってるな、そして開いて、ものすごい出血、それで今衛生士さんが吸引しまくってるんだな、
ほんでペンチみたいなんで歯を引っ張るんやろ、来た来た…とか
目を閉じながらも心の中で勝手に実況しておりました(笑)←アホやね。

左のときほどの恐怖とドキドキはなかったけど、抜くとき圧がかかるのがやっぱり怖かったです。
歯茎に埋まってるぶん、抜歯に左より少し時間がかかり、
引っ張ってるけどなかなか抜けないな、このまま抜けなかったらどうしよう!
これより強い力が加わったらどうしよう!とひとり実況&思っていたら衛生士さんが
「歯は抜けましたからね」
「えっ!」ひとり実況ずれとるし(笑)
止血に時間がかかったようです。

右も左も、抜こうとして力がかかるのはめっちゃわかる(そしてそれがめっちゃ怖い)んだけど
抜けるときの感覚は、まったくわからなかったです。

抜こうとしてるときの力のかかり具合と、若干の痛みから想像するに、
抜ける瞬間は「すぽーん」というか、何かしらの感覚があるかと思っていたのですが、
両方とも無感覚のうちに抜けていました。

止血のガーゼを噛んでるように言われるも、
その噛んで当たってる患部とエラのあたりの顎が痛み始める。

麻酔が切れてきたみたいで、ズッキンズッキン心拍と同じリズムで痛む。たまらない…(>_<)
痛くて痛くて、結局あまりしっかり噛んでいられなかったです。

先生が患部の縫合に来たとき痛みを訴えたら麻酔を追加してくれました。
そのチク、チクもやたら痛く感じたなぁ。しかも先生、麻酔打つ速度めっちゃ早なってるし!
っていうか、雑?あと縫うだけだから・・・ってサクサクされてたんだろうな。でも、痛いんだよ~。

それから縫合。針を歯肉に貫通させてるのはもちろん感覚ないけど、
糸を引っ張って縫ってるのはわかる。
これがなんか気持ち悪くて(~_~;)歯肉の中を糸がザザザ~と通ってるような感覚が…。
痛くはないんだが。。

そしてしばらくガーゼを噛むように言われて、それで終了。
でも帰り車に乗ったらまた痛み出す(>_<)

チビーズを預けてるうちに買い物行きたかったけど、痛み止めのロキソニンを
前回のやつがまだ残ってるならそれを飲んでと言われて手元に持ってなかったので
とりあえず一回帰宅してロキソニンを飲みました。
そこからが痛みとの闘いだったのです(笑)

ロキソニンが効いてくれるから痛みは紛れるというものの。。。。
その日の午後は(抜歯はお昼12時すぎ)パンを一個食べて、抜歯した方では噛まないけど
モグモグすること自体が痛い(╥﹏╥)顎を動かすと痛い!
夜は母にもらったマカロニサラダのマカロニをちょっと食べました。


次の日(火曜日)。
朝、ヨーグルトを食べようとしたらいつも使ってるスプーンが口に入らない!
口が1㎝くらいしか開かない!そして鏡を見ると右の頬が腫れてる・・・・。
おたふくのときみたい。うわ~どうしよー!!

そんな状況でも家の中で長男はダダダ・・・と走りまくってるし次男は泣いてるし。
いつものように「こらー!走らない!」って注意も思うようにできなかったです。
口が開かないからロレツも回らないし、とにかく痛い!

いつものように大きい声出してみたけど、途中から尻つぼみ、みたいな(笑)
やっぱりこんなちっちゃなことでも全然普段通りになんてできない・・・。

次男にミルクをあげてるとき、薬が切れ始めてどんどん痛くなる。
痛すぎて、抱っこもミルク飲ませるのも苦痛に思えてくる。

ほんと、子どもには悪いが何も構ってあげられないくらいに。それどころじゃないっていうか。
途中で次男を置いて、薬を飲みに行ってもすぐには効かなくて耐えられない激痛!

痛すぎて自然に涙が出てくる。わたし、つらくても泣いたことってほとんどないのになー。
いや待てよ、出産のときの陣痛のときだって涙は出なかった・・・ってことは
陣痛よりも痛いってことなんか!
とかまたわけのわからないことを思う。笑

それなのに、そんな大変なときなのに!
旦那は突然「担当表見たらきょう宿直やった」とか電話してくるし!
宿直の準備の荷物を取りに帰ってきたけど、じっくりわたしの痛みの訴えを聞いてくれる時間もなく。
でも大きく腫れた頬みてびっくりしていました。

そして、さらなる悲劇が!
薬が・・・その日の夜寝る前に飲んだらなくなってしまうことに夕方気がつく。

そのことを旦那に言ったら、実家に電話して来てもらってチビーズを見てもらって
その間に薬を買いに行って来いってしつこく言ってくる。

歯医者に電話してみると、追加でロキソニンを出してくれるというのだが。
大雨降ってるし、もう暗くなりかけてるし、何よりもう気力がない。。

母に頼んだら来てくれるだろうけど、大げささんなのでいちいち騒がれるのもめんどいしなー、
それにばぁば大好き長男がまたエライことになるし・・・と考えた挙句、
やっぱり2人連れて薬をもらいに行ってきました。

それからも何回も旦那から電話があり、薬をもらったかなど確認されました。
そんなに気になるんだったらあんたが代わりに行ってくれればいいやん!って感じ。
なんでよりによって宿直なんだ!

それからチビ2人とお風呂に入り、長男にご飯を食べさせ、歯みがき、次男のミルク・・・
ま、いつもやってることだけどいつもは長男の歯みがきあたりで主人が帰ってくるので
ミルクやオムツ、寝かしつけなど、なんか手伝ってもらえることはあるけど、
その日は腫れた頬で全部ひとりでこなさないかん状況。゚(゚´Д`゚)゚。
もー、まったくもって役に立たん旦那だ!

その日はほとんど食べられず、口にしたのは紙のスプーンで食べたヨーグルト、
冷め冷めの味噌汁の汁だけ、お箸でちっちゃくした豆腐、だけだったので(もう食欲すらわかない)
もうフラフラ~。

ほんで、なんとかチビーズを寝かしつけ、ひとり時間でテレビとか見てくつろいだ後就寝。
そしたら4時頃、また痛みで目が覚める。夜10時に飲んだロキソニンが切れたみたい。

すぐに薬を飲みに行けばいいものを、次男が起きそうな気配だったのでしばらく
布団の中でグダグダしてたら、どんどん痛くなってまた無意識に涙がつ~っと頬を伝う。。

痛み止め、大雨の中だったけどやっぱり夕方もらってきておいてよかった・・・。
夜中あのまま切れてたらほんとどうなってたかわからなかった(ノд・。)



次の日(水曜日)
痛みと腫れはピークでした。

相変わらず口も開かない。飴でも食べて血糖値上げようと思ったら飴玉さえ口に入らない。
なので、イーの状態からほっぺた内側と歯の間に飴を入れてなめていました。

もうね、顎の筋肉を動かすこと自体が痛くてできない。
口を開けるのって顎の筋肉を使うんだってことがよくわかりました。

調べてみると歯茎を切って抜いて縫合という外科的侵襲による炎症が
顎関節周辺の筋肉にまで及ぶそうな。1週間~2週間続くこともあるらしい。

このままほとんど食べられずにいたら・・・痩せるやん、痩せちゃうやん私(喜)笑。
↑喜んでいる場合ではないんだが(笑)

風邪ひいたときでもご飯はちゃんと食べる私なのに、今回は食欲すら湧かないです。

卵雑炊を作ってみたけど、冷め冷めになるまで放置してお箸でチビチビちょっとずつ口に入れて
舌ですりつぶすようにしながら飲み込むのが苦痛で少ししか食べられませんでした。
それと旦那が差し入れてきたりんごジュースで。

そうそう、舌も動かすと痛いし、飲み込むときも喉が痛いんです!!
「食べる」ってことだけで、こんなにも色んな筋肉や関節が関わってたんか!
って初めて気付かされました。

で、こんな腫れた頬~顎で外出もできず、ぐったりと家にこもっていました。
でもチビーズは元気なわけで(´□`川)これまた大変。
仕方なくアンパンマンをエンドレス・・・。
次男はわりと大人しく寝たり、起きててもひとりでお話ししたりして
ご機嫌にしててくれたのでほんと助かりました。

お風呂上りに長男にシャツを着させていると、なんかふざけて体をクネクネしてた長男の
左手が偶然にもわたしの右頬にHIT!
・・・もう、言葉も出ません。怒る気もおこりません。あまりの痛さに・・・(╥﹏╥)トホホ・・・



また次の日(今日)
口が2㎝くらい開くようになりました!朝は卵雑炊を少し食べました。
まだ飲み込む時ちょっと痛いけど、前日までよりはだいぶ楽になった感じ。
舌もだいぶ動かせるようになりました。

でも相変わらず食欲がないので、お昼も飴ちゃんをひとつ食べただけ。
もうこうなったら、「親不知の抜歯きっかけのプチ断食」でもしてみようかな。なんてね笑。

薬が切れるとまだ痛むけど、涙が出るほどではないし薬を飲む間隔も空いてきています。
腫れも少し引いてきて、右側の違和感もあまり感じなくなりました(*´ω`*)

あーよかった。一時はほんとどうなることかと思いましたよ~。
このまま週末くらいには腫れもひいてくれたらなと思います。

抜糸は、13日の金曜日です←なんだかフキツ・・・?

親不知の抜歯について調べてていろんな方のブログも拝見させてもらって
かなり参考になったし、元気もいただけたので私も記事にしてみました。
どなたかの参考になれば幸いです。長々と失礼いたしました(笑)

この後どうなったか、また次回に以降に!



















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。